2012年4月17日 (火)

ようやく勝った! しかし・・・[○L3-2F●]

まあ、ようやく勝ちました。

最後は無理やり牧田を引っ張りましたな。

そうするしか方法はなかったのですが。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今日勝って、少し気分は上向きましたが、やっぱり今年のライオンズも弱いな~~~って思いました。

昨年も今年も、前評判はそんなに悪くないのに、結果が伴わないのですから、明らかに監督の力量が低いのです。

渡辺さんは大変なストレスを抱えながら監督業をされているとは思いますが、はっきり言って無能です。

まあ、優勝は無理でしょうから、何とか3位に入って、そこから勢いで日本一になってくれることを願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

現実逃避

いやいや、大変な弱さですね、ライオンズ。

私は、しばらくライオンズの試合を見ていません。

見たって、ストレスになるだけ。

自分の健康を害してしまいます。

そんなこんなで、今日も負けそうですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

打てない[●L0-2M○]

いやいや、打てませんなあ・・・。

まだ開幕して4試合ですが、打てなさすぎでしょ。

なんだか、昨年の続きを見ている感じです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

嶋と高山については、それぞれヒットは打ちましたが、はっきり言って期待できませんね。

嶋は右足の踏み込みがホームベースに近過ぎ。

体がはやく開き、ファースト方向にゴロを引っ掛けたり、レフト方向にポップフライをあげることが多くなっています。

高山は逆にステップがサード側に開きすぎ。

二人とも、このような打ち方は個性といえなくもないですけど、安定した数字は残せないのではないでしょうか。

私だったら、大﨑か上本をスタメン起用しますけどね。

二人とも代打要員では、もったいないです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

失点したシーンですが、問題は主審の判定ではなく、ヘルマンの守備範囲の狭さですね。

オープン戦の頃から、ヘルマンの守備の緩慢さは気になっていました。

あまりにも動きが鈍く、セカンドやセンターといったポジションは任せられません。

バッティングには期待していますが、守備はサッパリでしょうね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

なんじゃこりゃ[F8?-1?L]

せっかく楽しみにしていた開幕戦なのに、何なのでしょう、この試合は。

ライオンズ、無様です。

開幕戦のことを144分の1という人もいるし、確かにそういう側面はありますが、それにしても今日の試合はひどすぎるでしょう。

特に涌井がひどすぎます。

私は涌井のことが嫌いです。

私は涌井の登板試合はもう見たくありません。

試合途中ですが、もう寝ます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

開幕前夜

気がつけば、明日開幕ですね。

今年はどんなシーズンになるのでしょう。

「世の中、何が起きるかわからない」というのが、プロ野球観戦を通じて一番強く感じていることです。

昨シーズンで言えば、まさかライオンズが最下位から3位に入るとは思いませんでした。

もちろん、ホークス優勝のような予想通りの出来事も起きるわけですが・・・。

さて、どうなりますことやら。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

各チーム、開幕一軍メンバーと先発投手がすでに発表されております。

ライオンズは、内野手が6人だけで、外野手が8人も登録されています。

バランスが悪いなあ・・・。

決め手を持った外野手が少ない一方、内野手は選手層そのものが薄い。

なぜ石井義人を切ったのだろうと、いまだに疑問を感じます。

片岡の怪我も痛いですが、平尾はどうなったのでしょうか。

うーむ、悩み始めるときりがないなあ・・・。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

そうはいっても、開幕は楽しみです。

頑張れライオンズ!

優勝してくれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

がっかり[オープン戦、L1●-4G○]

今日のオープン戦、テレビで見ていましたが、ほぼ収穫ゼロの試合でした。

今年のライオンズにも期待は持てないですね。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

失望した点はいろいろありますが、もっともがっかりしたのは涌井のピッチングです。

球が高すぎます。

2失点で収まったのはラッキーというほかありません。

公式戦ではこんなことでは済まされませんよ。

昨年の反省はまったく生かされず、オープン戦で結果の出ない日々。

いい加減、涌井を開幕投手にするのはやめましょうよ。

個人的には、シーズンオフにスパッと右ひじの手術をした方が、不安要素が取り除けると思ったのですがね。

いずれにしても、涌井を越える先発投手が出てこないうちは、ライオンズの優勝はありえません。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

打線もパッとしませんね。

おそらく、今日のオーダーがほぼ変わらずに開幕戦でも並ぶのでしょうが、嶋が5番に座っているようではどうしようもないです。

選手層が薄すぎます。

あーあ、つまんね。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

唯一の明るい材料は、ヘルマンですね。

ボールの見極めが良いし、しぶとくヒットが打てます。

ただ、セカンドの守備はそんなにうまくないですね。

動きが重いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

十亀に期待[オープン戦、●G0-4L○]

今日はTVでオープン戦を観戦。

ライオンズとしては投打ともに比較的充実した内容だったのではないでしょうか。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

投げる方では、十亀。

まっすぐは速いし、変化球は多彩だし、緩急はつけられるし、コントロールは良いし、とにかく素晴らしかった。

大いに期待が持てます。

今日は3イニングでしたが、もっと長く投げるところが見てみたいです。

打つ方では、ヘルマン。

スイングがコンパクトで、鋭い。

盗塁も決めましたし、片岡の穴を埋めてくれそうな予感大です。

守備機会が少なかったので、その辺にこれから注目してみたいです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

昨日・今日の連戦が、ライオンズのオープン戦開幕カードでした。

いよいよ実戦が始まってくれて、私は本当にわくわくしております(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

中島残留

中島との入団交渉決裂が、ヤンキースから発表されました。

メジャーへの強い憧れを持っている中島のことですから、本当に悔しいことでしょう。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

メジャーに行くかどうか決めるのは中島本人以外誰でもなく、周りがとやかく言うことではありません。

ただ、私個人の思いを言えば、中島にはできるだけ長くライオンズでプレーしてほしい、もっと言えば生涯ライオンズでプレーしてほしいと思っています。

それは、中島が「ライオンズの象徴」ともいえる存在だからです。

無名の高校生が、西武第二球場で鍛えられ、見事に松井稼頭央に代わる「ライオンズの顔」になりました。

下手くそだった守備もゴールデングラブ賞を獲得するまでに上達し、WBC日本代表でもレギュラーとして世界一に貢献しました。

他チームを見てみても、ここまでチームの育成がはまった選手というのはいないと思います。

お金がなく、主力が次々に抜けるけれども、その穴を生める若手が育つのがライオンズの良き伝統です。

これからも、中島は浅村をはじめとする若手の良い見本になってくれるはず。

できれば所沢の地から離れないでほしいです。

まあ、そうは言っても、今シーズン終了後は海外FA件を行使することになるでしょうが・・・。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

とりあえず、今年も中島のプレーを見られることは嬉しいです。

ライオンズファン全体で、「キセキ」の曲に乗せてナカジを迎えてあげましょう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

どうなる2012年

みなさま、あけましておめでとうございます。

今年も当ブログをよろしくお願いします。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さて、今年のプロ野球はどうなるのでしょうかね~~~。

パ・リーグはかなり主力選手が流出してしまいそうで、ある意味さびしい気がします。

ライオンズの戦力もまだ確定はしていませんが、今のところの予想をしてみたいと思います。

【打順】

1(右)へルマン

2(二)片岡

3(左)栗山

4(一)中村

5(指)カーター

6(遊)浅村

7(中)秋山

8(捕)炭谷

9(三)原

(代打)平尾、坂田、大﨑

【先発】

涌井、岸、西口、牧田、菊池、石井、平野、十亀

【中継ぎ】

岡本篤、ゴンザレス、木村、マイケル、坂元、小石、星野、江草

【抑え】

ウィリアムス

・・・いやあ、厳しいねえ。

新外国人4人の出来にチームの浮沈がかかっているような気がします。

シーズン途中でも良いので大石が働いてくれればよいのですが・・・。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

いずれにしても、今年のパ・リーグは混戦模様。

どこが優勝してもおかしくありません。

ライオンズ頑張れ~~~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

ゆく人くる人[後編]

さて、今日は来季より新たにライオンズでプレーすることになる選手について書きたいと思います。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

【新外国人】

ランディ・ウィリアムス、エンリケ・ゴンザレス(投手)

エステバン・ヘルマン、クリス・カーター(野手)

帆足が抜け、中島のアメリカ行きも可能性が高いので、新外国人にかかる期待はおのずと高まります。

中でもポイントは、ウィリアムスとゴンザレスの両投手ですね。

ミンチェが抜け、牧田が先発に再転向する予定なので、この2人にはリリーフとしての重要な役割が求められます。

せめて、2人のうちどちらか1人でも当たってくれればよいのですが・・・。

【他チームの戦力外より】

マイケル中村(ジャイアンツより)、桟原将司(タイガースより)

マイケルには、ミンチェのような役割が期待されているのでしょう。

ファイターズ時代はクローザーとして活躍したものの、ジャイアンツに移籍後はどういうわけかほとんど見かけなくなりました。

2人とも戦力外からなので正直あまり期待しない方がよいのでしょう。

活躍してくれれば儲けもの、という感じでしょうか。

【トレード】

武山真吾(ベイスターズより、後藤武敏との交換)

ライオンズは捕手の選手層が薄いので、この判断は妥当だと思います。

後藤に関しては、正直今年で戦力外になるものと思っていました。

今年は少しだけ試合に出ましたが、スイングに力みが目立ちました。

腰痛持ちでフル出場は非常に難しい選手でもあります。

まあ、地元・横浜で頑張ってください、といったところです。

【新人】

育成選手を含め6人を獲得しましたが、私が最も注目しているのは左腕の小石博孝です。

都市対抗野球の様子を少し見たのですが、投球のテンポが良く、相手打者を次々に三振に打ち取っていました。

上げた右足を2段気味に下ろす、左手のテイクバックがとても小さい、スローカーブを持っているのでまっすぐも速く見える、といった特徴もあります。

「すごい球はもっていないが、打ちづらい」という投手の典型といってもいいでしょう。

ドラ1の十亀はやや1軍デビューまで時間がかかるかなという印象がありますが、小石は開幕からやってくれそうな予感がします。

ナベQのことですから新人投手はまず先発で起用ということになりそうですが、ライオンズは左の中継ぎが極端に少ないですから、小石は中継ぎで起用してほしいところです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

さて、いろいろあった2011年ももうすぐ終わり。

最後に、今シーズンのライオンズで最も印象に残ったシーンを見ていただきたいと思います。

10月18日、レギュラーシーズン最終戦の最終回、1死満塁のピンチで見られたビッグプレーです→こちら

このような感動的なシーンを、来季も見たいですね。

※YouTubeなので今後削除される可能性がありますが、その場合はご容赦ください。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

では、皆さん良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ゆく人くる人[前編]